BPプログラムが生まれた経緯

「親子の絆づくりプログラム"赤ちゃんがきた!"」(愛称:BPプログラム)は、NPO法人こころの子育てインターねっと関西(略称:KKI)により開発されたプログラムです。2010(平成22)年11月20日のKKI主催のフォーラムで発表され、実践が始まりました。

NPプログラムからBPプログラムへ

KKIでは、2003年よりカナダ州政府が開発した親支援プログラム「Nobody's Perfect(完璧な親なんていない!)」(略称:NPプログラム)を日本で普及する活動に本格的に取り組んできました。NPプログラムは、0歳から就学前の子どもを育てる親を対象とした参加者中心型のすばらしいプログラムです。そのNPプログラムを実践するなかで、0歳の赤ちゃんを初めて育てる親向けのプログラムの必要性を強く感じ、KKI内部にBPプロジェクトが立ち上げられ、BPプログラムの開発が始まりました。

様々な分野の専門職とお母さんの声が反映されているBPプログラム

BPプロジェクトのメンバーは、地域などで実際に子育て支援に関わっている助産師、保健師、保育士、栄養士、精神科医など専門職と子育て真っ最中の母親で構成されました。専門職は、行政やつどいの広場など様々な場所、立場で仕事をする人たちです。また、メンバーのほぼ全員がNPファシリテーターの資格をもち、NPプログラムの実践経験が豊富だったことから、BPプログラムを制作する上で、それぞれの専門性やNPプログラムの経験がいかんなく発揮されました。子育て真っ最中の母親も参加し、BPプログラムの制作には当事者の声も反映されました。
その結果、BPプログラムはNPプログラムの良いところを取り入れながら、独自の手法を用いたプログラムとして完成しました。そして実際にBPプログラムを実践してみると、お母さんだけでなく、赤ちゃんも参加するということもあって、NPプログラムとはまったく様相を異にしたプログラムになっていました。
今なぜBPプログラムなのか | BPプログラムが生まれた経緯 | BPプログラムのコンセプト | BPプログラムの特徴 | BPプログラムの内容 |
BPファシリテーター養成講座内容 | BPファシリテーター養成講座日程 | BPJ認定資格取得手順 | BPJ認定資格申請について | BPファシリテーター登録更新 | BPファシリテーター研修会 | よくあるご質問
日本BPプログラムセンターについて | BPプログラム関連各種資料| 出版物/DVD | 各種メディア紹介情報 | お問合せ | ホーム |