自治体/行政の皆さまへ

平成7(1995)年以来、国を挙げて子育て支援・少子化対策に取り組んできましたが、子ども虐待や不登校・いじめの増加などに象徴されるように、事態はますます深刻化しています。今までの施策を根本的に見直す時期に来ているのではないでしょうか。そういう視点からもBPプログラムをお奨めしたいと考えます。
親たちが楽しそうに子育てする姿が見られるようになることは、将来、子どもを持つだろう若い世代の人たちにも影響し、少子化への歯止めという点においても期待できるのではないでしょうか。


BPプログラムをお薦めしたい理由

子ども虐待防止

子ども虐待防止のために

子どもの虐待では、死亡事例ばかり報道されますが、その背後にはたくさんの虐待を受けながら育っている子ども達がいます。現在の子ども虐待予防対策は通報ケースへの対応に追われています。それも大切ですが、根本のところでの予防対策なしではモグラ叩きのようなもので、ほとんど効果が期待できません。子ども虐待は、自分の子どもを生むまで小さな子どもにまったく触れたことのない親が母子カプセル状態に置かれている日本の現状が大きい原因のひとつです。BPプログラムへの母子の参加は育児の環境を一変させます。子ども虐待予防対策として、「初めて赤ちゃんを育てるすべての母親にBPプログラムを届ける」という施策の導入をぜひご検討ください。

時代に合った参加者中心型のプログラム

従来の子育て支援や教室は、主催者側がすべてを準備し、参加者にサービスを提供したり、知識を教える「教室型」「指導者型」のものでした。1970年頃まではそのようなスタイルがそれなりに有効でしたが、日本社会の価値観をはじめ時代が大きく変わる中で、それでは伝えたいことが伝わらなくなっています。今、求められているのは「参加者中心型」です。BPプログラムは、カナダ生まれの親支援プログラム「Nobody's Perfect (完璧な親なんていない!)」(略称:NPプログラム)の10年余りの実践の中から日本で生まれた現在の日本の子育て現場に合った参加者中心型のプログラムです。参加者のお母さん方からは、期待どおり極めて高い評価が得られています。

自立した親、成熟した市民を育てるために

BPプログラムは、「親を親として育てる」ことを一つの目的としています。プログラムの中で、「親がすべきことは親にしてもらう」という点を徹底しています。残念ながら現状の子育て支援は、親を "お客さま" のように支援者が至れり尽くせりのサービスを提供するというスタイルのものが多いように感じます。しかしそれでは親は親として育ちません。そのような支援は、未熟で依存的な親やいわゆるクレーマーを作り上げることになりかねないのです。

問題解決能力をもつ地域の再生のために

地域社会の再生の重要性が至る所で強調されています。かつての農業や漁業が中心だった社会では、人々は生きるために協力せざるを得ませんでした。しかし現在の日常では以前のような地域は必要ありません。ところが、ひとたび家族だけで解決できない問題を抱えると、地域には問題解決能力がなく、問題は自治体や学校などに持ち込まれます。そして、自治体や学校が責められますが、問題が解決できるはずもなく、不信感が渦巻いているというのが現状です。
これからの日本では問題を抱えた者同士のネットワークづくりによる地域の再生が必要です。地域で開催されるBPプログラムを初めて赤ちゃんを育てるすべての母親に届けるという地道な活動を3、4年続ければ、親同士が気心の知れた仲間になり、その地域が確実に変わります。そして、10、15年と続けると、小学校が変わり、中学校が変わります。かつてから言われている「親と学校と地域で子どもを育てる」という謳い文句が現実のものになります。親同士のネットワークがいつでも作れるかと言うと、そうではありません。初めて赤ちゃんを子育てている本当に困っている時期こそ最適です。その時期以外にはなかなか難しいのです。だからこそ、今、BPプログラムなのです。

 

BPプログラムが導入しやすい理由

BPプログラム

1. プログラムの基本メニューが決まっている

新しい子育て・親支援のプログラムを一から考える必要がなく、既にできあがったプログラムをそのまま導入することができます。

2. 教材が整っている

児童・思春期を専門とする精神科医を初めとする専門職の監修のもと、精神的、心理的側面も重視した教材を独自に開発し、使用しています。

3. 多額の費用がかからない

プログラムは母子同室で行うため、プログラム開催中の保育にかかる費用などが不要です。そのため、費用対効果の高いプログラムとなっています。

 

BPプログラムを開催するには

1. 開催場所の準備

母子8組~最大20組が快適に過ごせるような広さの場所をご用意ください。

2. BPファシリテーターの手配

BPプログラムを運営・実施するのはBPファシリテーターです。 BPファシリテーターがいない場合、以下のどちらかで養成してください。

    1) BPファシリテーター養成講座に受講生を派遣
        → BPファシリテーター養成講座開催日程

    2) 貴市町村においてBPファシリテーター養成講座を開催
        ※20~24名のBPファシリテーターを養成したい場合に限ります。
        BPファシリテーター養成講座の開催をご希望の場合は お問合せ ください。

BPファシリテーター養成講座への参加は、これまで、子育て・親支援にたずさわる多くの方々の悩みを解決し、スキルアップにもつながっています。 ぜひ、子育て・親支援の担当者の皆さまにご参加いただきたいと考えています。

3. BPプログラム開催の告知と参加者の募集

「こんにちは 赤ちゃん事業」の家庭訪問時に、BPプログラムを案内し、参加をうながすと効果的です。

 

既にBPプログラムを実施しているところ


2014年3月末時点

◆ 大阪府
BPプログラムが始まってから2014年3月末までの時点で、大阪府が16市町、109プログラムと実施数が最も多いです。
早くから自治体主催で実施している池田市、箕面市、四条畷市、枚方市、河内長野市などでは、年間計画を経て、年5~6回実施しています。そのため、赤ちゃんが何月に生まれてもBPプログラムへ参加できるようになっています。

◆ 広島県
(公財)ひろしまこども夢財団の取り組みとして、2010年12月に全国で最初となるBPファシリテーター養成講座を開催しました。その後、県下の市町にBPプログラムを普及させ、今ではそれが定着しています。

◆ 滋賀県東近江市
東近江市では、最初からBPプログラムに熱心に取り組んでいたこともあり、現在では、初めて赤ちゃんを産んだほとんどの母親がBPプログラムを受けているという状況が生まれています。そして、市の様子がずいぶんと変わったとBPファシリテーターは感じているようです。

上記以外ににも、熊本県人吉市や岐阜県美濃加茂市など、「初めて赤ちゃんを産んだすべての母親にBPプログラムを届ける」という明確な目標をかかげる市も出てきています。

同市町村・県内で、すでに定期的にBPプログラムを開催している団体がある場合には、ご紹介することもできますので、お気軽にお問合せください。
私たちと一緒に「子ども虐待ゼロの街づくり」を目指しましょう。

BPプログラム実施状況

今なぜBPプログラムなのか | BPプログラムが生まれた経緯 | BPプログラムのコンセプト | BPプログラムの特徴 | BPプログラムの内容 |
BPファシリテーター養成講座内容 | BPファシリテーター養成講座日程 | BPJ認定資格取得手順 | BPJ認定資格申請について | BPファシリテーター登録更新 | BPファシリテーター研修会 | よくあるご質問
日本BPプログラムセンターについて | BPプログラム関連各種資料| 出版物/DVD | 各種メディア紹介情報 | お問合せ | ホーム |