BP3プログラムについて2人目以上の赤ちゃんを育てている母親のためのプログラム

対象: 1歳から就学前の子どもを育てているお母さん

1歳から就学前の幼児を育てている母親のためのプログラムです

「親子の絆づくりプログラム"赤ちゃんがきた!"(愛称:BP1プログラム)」と「親子の絆づくりプログラム"きょうだいが生まれた!" (愛称:BP2プログラム)」は、赤ちゃんを育てている時にのみ参加できるプログラムでしたが、「親子の絆づくりプログラム”幼児とともに!” (愛称:BP3プログラム)」は、広く幼児を育てているお母さんが参加できるプログラムです。

 

BP3プログラムの枠組み

参加者と人数  1歳から就学前の子どもを育てている母親(母親のみ参加) 6人~20人
時 間 と 回 数  1 回 2時間、毎週1回
 同じ曜日、同じ時間帯、同じメンバーで連続5回
1 回のセッション  前半100分: 構造化されたプログラム
 後半20分: 交流・質問タイム
一時保育  対象は一時保育が必要な就学前の子ども
 ただし、一時保育なしでも可
進 め 方 ・資格のあるファシリテーター2名で進行
・参加者10組までの場合は、資格のあるファシリテーター1名で進めてよい。
 ただし、その場合はアシスタントをつけること。

 

BPプログラムパンフレット

BP3プログラムのテーマと進め方

BP3プログラムでは、幼児期の子どもとの関わり方が一つの大きなテーマです。子どもの困った行動について考えたり、しつけについて考えたりします。BP3プログラムに参加する中で、幼児期の子どもの発達の特徴や関わり方が自然にわかり、親としての関わり方が学べます。

BP3プログラムのもう一つのテーマは親自身の問題です。一人の人間としての「自己実現」と「親の役割を果たすこと」のバランスのとり方について考えます。

BP1プログラム、BP2プログラムと異なる点は、親だけの参加ですので、テーブルと椅子の部屋でも実施が可能なことです。

独自に開発したテキストとDVDを使用することも大きな特徴です。

BP3プログラム 参加者用テキスト (カラー図解版)  ※一般書店では販売していません

 BP3プロクラムで使用する参加者用テキストは、BP1プロクラム、BP2プログラムで使用するテキストと同じです。このテキストは、子どもの心の発達論に従って、乳幼児期の子育てや幼児期の子どもとの関わり方や「しつけ」の考え方などについてわかりやすく説明しています。
また、「カラー図解版」とし、見開き2ページで一つのテーマを説明するというスタイルになっていて、ずいぶん読みやすくなっています。

購入方法は「出版物/DVD 」のページでご確認ください。

 

BPプログラムとは? | BP1プログラムについて | BP2プログラムについて | BP3プログラムについて | 今なぜBPプログラムなのか | BPプログラムが生まれた経緯 |
BPプログラムの特徴と効果 | BPプログラムの子育て支援とは | 私たちの現状認識とめざすもの | BPプログラムのミッション | BPファシリテーターとは? |
求められる4つの力(役割) | BP1ファシリテーター養成講座 | BP2・3ファシリテーター養成講座 | BPファシリテーター養成講座日程 | BPファシリテーター研修会 |
BP1ファシリテーター資格取得手順 | BP1ファシリテーター資格申請について | BP1ファシリテーター登録更新について |
BP2ファシリテーター資格取得手順 | BP2ファシリテーター資格申請について | BP2ファシリテーター登録更新について |
日本BPプログラムセンターについて | よくあるご質問 | お問合せ | BPプログラム関連各種資料| 出版物/DVD | 各種メディア紹介情報 | ホーム |